写ァ専用ログ

« 春模様  |  home  |  種撒く頃 »

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石割桜  

4644128.jpg
その種は 冷たく硬い石の上に舞い降りた

生まれ落ちた場所は いい環境とは言えなかったが

種はその場所で根を伸ばした

根はやがて 石に食い込む

幹は育ち 枝は広がり 日に日に成長する体を支えるために

根は力強く伸び ついに石を割った

種はいつしか大木となっていた

9797949.jpg

大木は 毎年春に花をつける

逆境をものともせずに 堂々の名木へと成長したその姿は

見るものを圧倒し、なぐさめ、元気づける

その木の名は 石割

樹齢は300年を超えてなお

その樹勢は 年経るごとに いや増すばかり

184477.jpg

Thanks for your comment!

 

おはようございます。

恐るべき生命力をもった桜ですね。
このまま1000年でもずっと花を咲かせて欲しいですね。

 

ごんちゃん

ずっと見たかった桜だったんですが、
生で見るとやはり素晴らしかったです。
他の観光客たちもうわぁ、とか、ついつい声をもらしてました。
長く生き続けて欲しいですね(^^)

 

ああ、この桜も見に行かれたのですか。
ボクはまだ生では見たこと無いです。
一度見る価値ある桜ですよね。

花の一念石を割る・・・ですね~^^

 

kazuさん

実はお会いしたその日の晩に盛岡入りしまして・・・(^^
翌日早朝に見てとても感動して、都合3回立ち寄りました。
これは2回目の夕方です。
岩手沿岸部の被災したという方も撮りに来ておられて、
何か感じるところがあったようでした。
そういえば、石割桜という名のお菓子が名産品のようですね。
滝桜が福島の魂なら、石割桜は岩手の魂だと思います。
遠征の価値ある桜でした。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。