FC2ブログ

写ァ専用ログ

« Untitled  |  home  |  Untitled »

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Untitled  

959020.jpg

Thanks for your comment!

 

(前のエントリ–にコメント中、新作のエントリーを発見してなんか一粒で二度美味しい得した気持ち)
この櫻も長い人生を送っていますね
痛みながらも、花をつけ自らを散った花びらで飾るのは根がしっかりと元気にのびているからなのでしょう
回りの若い櫻と新緑が祝福しているようです
そう言う見せ方を工夫なさったのかなと感じています

 

noriさん

連投有難うございます。
二度もおいしければいいんですが(笑)
この桜は400年とかですね。
ご存知かと思いますが、瀧蔵神社です(^^)
ほとんど真横に幹が伸びてるような樹形で、
なんであんなふうに育ったのか不思議でなりません。
つっかえ棒が幹をがしっとささえてるので、
根はしっかりとのびていると思います。

見せ方の工夫は・・・葉が多く出始めてたので、
目立たないように緑の背景と絡めたんです(^^;
ああ、そのnoriさんの想像力と視点が欲しい・・・

 

おはようございます。

ほんと立派な桜ですね。
でも、桜ってどうして幹、枝、ともにこんなに屈折しちゃうんでしょうかね?
まあ、それを含めた桜が素敵なんですけどね ^^

 

この桜の威風には思わずひれ伏してしまいそうになります。
400年、気になって年表を見てみましたら1611年に
やはり東北三陸沖でM8.1の大地震があり津波で相当の被害が
あったようですね。丁度その頃に生まれた木なんですねえ。
何か符合がぴったりで、この桜が特別なものに見えてきました。

 

でかさん、これまた凄い桜の木ですね。
樹形から、平坦な400年では無かったと想像します。
桜に飛び込んで、こういう視点もあるんだと教えられました^^

 

ごんちゃん

素直にのびている桜ってあまり見かけないですね。
面白いもので、山の斜面の中に他の木々に交じって立っている桜は、
例外なく幹が長くて上の方から枝分かれしています。
そうしないと日光が浴びれないんですね。
こういうぽつんとある古木は幹の下の方から枝分かれしてるものが多いですね。
時々こういう古木を撮っていると、巨大な盆栽みたいに見えてくる時があります(^^;

 

scotttsさん

そうでしたか。その頃にも大きな地震が。
きっと400年の間には色々な事件があったでしょうが、
そうしたことを一切語らず、桜はもくもくと花を咲かせ続けますね。
わざわざ調べてコメントを頂いて、ありがとうございます。

 

kazuさん

石垣の端っこから、
ほとんど真横に伸びているような桜で、
本当になんでこんな姿に育ったんだろうと不思議に思います。
きっと、たまたま種が付いたところが悪くて真横にしか伸びられなかったんでしょうね。
遠目夜目傘の下。初心者らしく、基本にそって撮影しました(^^)
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。