写ァ専用ログ

« 慈悲  |  home  |  祈り »

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Untitled  

仙台で食った牛タンは旨かった。
福島で見た桜はたまらなくよかった。

彼の地のためにできることはなんだろう。
今日一日ずっとぼんやりと考えていました。


被災地ではこれからも復興への長い闘いが続きます。
そのためには巨額の税金が投入されることでしょう。
被災者の方々の痛みと悲しみを分かち合うことはできないけど、
これはもう、日本中の全ての人にとっての問題です。

長きにわたって復興を支えるには、
基盤となる日本の国力が強くなくてはならない。
国力を維持するためには、経済活動が活発でなくてはならない。
経済活動を活発にするためには、一人一人が当たり前の労働をし、
当たり前の消費活動をしなくてはならない。
つまりは、粛々といつも通りの暮らしを続けることが大事だと、
至極当たり前のことに思い至りました。
あとは信頼できる機関の募金に応じることくらいでしょうか。

プロ野球の開催が遅れそうだったり、
各地でのイベントも自粛ムードに覆われてますが、
それで景気が冷え込んでしまうのも不安に思います。
だから私は当たり前の暮らしを一生懸命積み重ねます。
当たり前の消費活動をします。

控えるつもりでしたが、
今日はホワイトデーのお返しにケーキを買って帰りました。


55263.jpg


一日も早く、被災地に暖かな暮らしが訪れますよう。

Thanks for your comment!

 

穏やかで優しい写真。
早くこんな春が、被災地に訪れて欲しいですね。^^

でかさんのおっしゃるとおり!
何ができるか、できないことを模索しているより
今自分たちが粛々と消費生活をしていくことこそ
最終的には復興に役立つんですね。
ありがとうございました。

 

sofiaさん

福島で撮った桜です。
せめて寒さは早く和らいで欲しいですね。
僕は僕の務めをまず果たそうと思います。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。