写ァ専用ログ

« Untitled  |  home  |  Untitled »

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Untitled  

5116.jpg

Thanks for your comment!

いいですね! 

折れた茎の作り出す無限のバリエーション。
このまま日本画にできそうです。
それとも、帯の図柄。
Rara Avis写真展、お出で頂きありがとうございました。
お会いできなくて、残念。
次にお会いしたときに、ご意見、ご感想を聞かせてください。

 

Hologonさん

コメント有難うございます(^^)
それから、素敵な写真展も。
お会いできなかったのは残念でしたが、
良い時間を過ごさせて頂きました。
写真展が落ち着かれましたら、ぜひご一緒させてください。

 

おはようございます。

私も先日、長居植物園でハス池を撮影しましたが、こんな状態から夏には見事に復活するハスの生命力は驚くものがあります。

 

ごんちゃん

前世代の枯れた姿の下で、
次世代の種が今頃芽吹く準備をしてるんでしょうね。
夏にはまた楽しませてくれることと思います。
その前に桜ですね。

 

なんでこんな風に折れるのでしょう?
面白いですね~(^^)
穏やかな水面との対比もみごとです。
こちらの管理された蓮田は、冬とてもつまらない状態です(TT)

 

kazuさん

管理されたところはシーズンには見応えありますけど、
シーズンを外すと味気ないですよね。
ここは夏にも撮った場所で、琵琶湖の一部です。
多分野生の最大の群生地じゃないかな~と。
不思議な光景ですね。

 

これはハスなんですね。この状態から数ヶ月であの大きな葉と
豊かな花をつけるのですね。その差があまりにも大きくて想像できません。
生物のサイクルの営みの偉大さを感じます。そんな胸をうつ写真ですね。

 

scotttsさん

はい、ハスの群生地です。
僕もこの時期と花が咲く時期しか知らなくて、
その間の過程が想像できません(^^;
考えてみれば、あの大きな花がこの細い茎に支えられてるだけでも不思議なことですね。
機会があれば、また違う時期にでかけてみます。

 

でかさん こんばんは

たくさんの線と点が 湖面に独特なリズムを作っていますね♪
思えば 水墨画の線の練習も こんな感じかと
見入っております

奔放に折れ曲がった線が 絶妙な間隔で広がっており
自然の造形は 見ていて飽きがきません

湖面の微妙な色の移ろいも 日本画のようです^^

 

fusamiさん

変幻自在に見えるfusamiさんの筆さばきも、
絶え間ない基礎の積み重ねの賜物なんですね(´ー`)
ピーク時はもちろんのこと、枯れてもその造形で見る人を惹きつけて、
自然の懐の深さは計りしれませんね。
湖面は空の色を写してまして、一番色が良く出てるところを切り取りました。
日本画のような上品さが出ていますかね。
有難うございます。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。