写ァ専用ログ

 |  home  | 

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

untitled  

IMG_6895.jpg

2008年秋、源光庵にて。
スポンサーサイト

雲を見降ろす  

348566.jpg


ベタな写真ですが(^^;
一度紅葉の頃に大台ケ原の大蛇ぐらを見てみたいと思ってました。
たまにときどき見晴らしの良いベタな写真を撮りたくなるもんです。

農村の朝  

08188888855555558.jpg


先週末はなんとなく気が乗らず家でゴロゴロ。
なので、未掲載でたまったものをしばらくアップします。
例によって時系列バラバラですが、お付き合いいただければ幸いです。

秋色小道  

1739741643113.jpg

七色の樹  

128999999999999999.jpg

bule light  

blue light

(・∀・)  

himejiex.jpg

墓標  

289999999555.jpg

六甲 朝の光  

白鷺城の初秋  

目覚め  

waking

After the rain  

after the rain

untitled  

66161615511.jpg

untitled  

09696874666444.jpg

veil  

027764656.jpg

1000.jpg

untitled  

Lake Biwa 15

 

pond

山水図  

san-sui

斑鳩の空は高く 2  

140564984132.jpg



背格好は似ているけど、バイクの方は女性、その隣は男性。
空が高いこんな日は、気の合う人と語らいながら、だだっ広い場所で風に吹かれていたい。

斑鳩の空は高く  

秋を感じる 2  

959595965464.jpg

96464642333.jpg


BLACK & ORANGE  

Lake Biwa16

また水景に逆戻り(^^;

秋を感じる  

284899.jpg

水景が続いたので陸地をば(笑)。
ススキはこの時期が一番ですね。
穂先が奇麗に弧を描いてて。

280999888.jpg

untitled  

sp-162.jpg

あの波を撃て!  

釣り人たち  

月明かりの下で  

 

古びた壁を撮るのが好きです。
新しいころは無色であったであろうその壁も、
雨風を受けて、たとえば樹木が年輪を増やすように、すこしづつ独自の色を帯びていきます。
その色は、いわば壁の歴史そのものです。
壁を撮るときは、その歴史を写し込むことを意識しています。

・・・意識してるだけです。結果は別(^^;

SDIM0018.jpg


SDIM0006.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。