写ァ専用ログ

 |  home  | 

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

03111111115.jpg
スポンサーサイト

古都の模様  

0911111111111117.jpg


0011111111111116.jpg


101111111111111116.jpg


0711111111113.jpg


0911111111111111111114.jpg


09111111111115.jpg


7月の涼  

65464613346313-023.jpg

65464613346313-020111.jpg

熱気  

65464613346313-0072.jpg

暑く熱い夜。

深緑  

04411111111111111111111111111.jpg



この時期の緑は雨に洗われるたびに深さを増すように思います。

激走!  

00411111111111111111.jpg

(番外)鏝絵の町  

028.jpg


024.jpg

043.jpg

025.jpg


鏝絵は建築の中に盛り込まれる彫刻の一種で、左官職人によって、漆喰を塗りこめて作られます。
左官業を生業とする人が減少していく中、受け継ぐ職人も少なくなってきた、いわば失われつつある伝統の技といえます。

以前この鏝絵のことを知ったとき、一目見てみたいと思ったものですが、
比較的有名な場所はいずれも遠く、長い間気に留めながらも縁の遠い存在でした。
しかし、お隣の京都府の伊根町は、実は鏝絵が多く残される数少ない町の一つだったのです。
不勉強でしたが、期せずして、先日目にする幸運に恵まれました。

これらは主に蔵につけられていることが多いようで、
モチーフが縁起をかついだものが多く、
一種の魔除けやおまじないのような意味合いもあるのかもしれません。
白や赤茶色などの渋めの色や、西欧のフラスコ画を思わせるような鮮やかな青まで、
とても素晴らしいものでした。
今回は番外編として、それらのうちのいくつかを掲載します。

本当は鏝絵のある風景として、写真を撮るべきだったのですが、
そんな余裕はなく・・・(^^;

雨 上がる  

sp-20090720-098.jpg


sp-65464613346313-1.jpg

漁村夕照。

漁村の人  

sp-20090720-036.jpg

sp-20090720-033.jpg

sp-65464613346313 (1 - 1)

漁村を歩く  

65464613346313 (1 - 1)


sp-20090720-074.jpg

sp-20090720-080.jpg

sp-20090720-082.jpg

故郷を撮る  

sp-1sp-20090719-007.jpg

誰でも自分の故郷には愛着があると思います。
僕は幸か不幸か、生まれてから今日までの時間のほとんどを同じ場所で過ごしてきました。
少しの飾りっ気もない、押しも押されぬ下町ですが、長いこと住んでいると、やはり快適に思います。
いつの頃からか、この育った場所を撮り歩いてみたいと思うようになりました。
しかし時間ができればついつい遠くの絵になる場所に出かけてしまい、今日まで来たのです。

今日、西日が傾き始めたころ、雲に覆われていた空がぽっかりと晴れ間を見せました。
ふと、カメラを持って散歩に出ようと思いました。
ここ最近の僕はとにかく何でも撮りまくりたいと思っていたところだったのです。
かねてからの故郷撮りを今日実行することにしました。

以下に掲載する写真はなんの工夫も無い、
とても平凡な写真です。
つまらない内容だとは思いますが、それでもよろしければ、
おつきあいください。


sp-20090719-005.jpg

我が家から少し歩いたあたりの道です。
子供の頃、この辺で遊んでいたのを思い出します。
写真では見えていませんが、右側には藪があり、
この時期の夕方は虫がよく飛び交ってました。
近くで「うー」と小さな声を出すと、
虫が過敏に反応して、それを見て喜ぶというアホな遊びをよくしていました。


sp-20090719-011.jpg

さっきの道から7、8分ほど歩くと小さな町工場の集まる場所に出ます。
今日は祝日なのでお休み。誰もいない軒先に傾いた影が落ちていました。


sp-20090719-012.jpg

その工場から300mほど歩いたところに、怪しい家が立ってます。魔女が棲んでいます。
ウソです。喫茶店です。入ったことありません。


sp-1sp-20090719-003.jpg

このおじさんは自分ん家の雑草を抜いているだけなんですが、こうして撮ると不審者のように見えますね。ちょっといじわるな撮り方をしてしまいました。ごめんなさい。


sp-20090719-020.jpg

近所には神社があります。
まっすぐ歩けば10分くらい。
いまでは歩いてもなんてことない距離ですが、
子供のころは自転車に乗ってでかけても、道に迷ってなかなかたどりつけず、帰ることもできず、
とても困ったのを覚えています。
あたりは家屋の並びがとても入り組んでいたのですが、
いまではとてもすっきりしてしまっています。
今日通りかかった時は風が強く、風に乗った夏のにおいを感じたように思いました。


sp-20090719-016.jpg

先の神社を含めた、この辺の入り組み具合の一端がお分かり頂けるでしょうか?
とにかく迷路のような道が続きますが、とりあえず進んでいるとちゃんと抜けることができます。
正面向こうにそびえるのは生駒山脈です。
子供のころあそこまでチャリで行くのが友人たちとのブームでした。
めちゃくちゃ疲れましたが。


sp-20090719-027.jpg

朝顔です。当然夕方にはしぼんでいます。これらの花が再び開くことはないのでしょうが、
また違う花が明日に咲くはずです。
子供のころも今も、身近にある花です。


sp-20090719-037.jpg

近くには田圃があります。
ここにも風が吹き抜けていました。

昔はここに泳ぐカブトエビをよく捕まえたことを思い出します。
時にカエルなども。
電線がないので、冬にはここでタコをあげました。
足場が悪いのでよく転びましたが、気にせず駆け回っていました。

そういえば、違う田圃ですが、水をいれたての田圃を幼い浅はかな心で、
近道するために横断しようとして足を踏み入れ、抜けなくなって動けなくなったことを思い出します。
田圃を耕すおばちゃんに救出され、すごくはずかしい思いをしました。
ほんとうにアホな悪ガキだったと思いますが、
友達なんかはもっと悪党で、水をはった田圃の水を抜いて、
農家さんにこっぴどく叱られていたことがあります。
とにかくそんなクソガキが多い下町なのです。


sp-20090719-030.jpg

たまには地元の散歩もいいものです。
いろんなことを思い出しながら歩きました。
そろそろ帰路に着くことにします。
僕の今の住まいは何百mか離れていますが、かつて育ったこのあたりは3丁目になります。
ここで夕焼けになれば3丁目の夕日なんですが、
今日は3丁目の夕日は見ることができませんでした。
このあと、雲が鈍く色づく中をのんびりと家路を歩いて行きました。
気持の良いひと時でした。
また気が向いたらやりたいと思います。

つまらない記事ですみません。
おつきあいいただいた方、ありがとうございました。

- END -






湿度  

最近地下鉄の駅で等伯の松林図のポスターを見かけます。
松林図といえば、昔ギャラリーフェイクという漫画で、
湿度を描いた傑作だと書かれていたのを思い出します。
まったくその通りです。

水墨画では薄墨を用いて、色づけした部分と何も描かない部分、
これらを溶け合わせることで、奥行と空気感を盛り込んでいます。
この空気感こそが湿度に他なりません。
等伯に限らず古の絵師たちは皆、
湿度というフィルターの向こうに自然の姿を見ていたのだと思います。
絵師たちが多く集まった当時の都京都は、
盆地特有のとにかく蒸し暑い気候であることも、影響していたことでしょう。

時代を追うごとに薄墨の湿度は金粉で、そして金泥で塗りつぶされるようになり、
奥行どころかなんとも圧迫感のあるケバケバしいスタイルが主流となっていくのですが、
それ以前の水墨画は見ていてしみじみと感じるものがあります。
華々しい油絵にはない、いぶし銀の味。日本人のDNAがそれに呼応するのかもしれません。

ところで、最近海外の写真ブログをよく見ます。
みんなうまいです。
軽くショックです。
ですが、どこか違和感も感じます。

海の向こうではとにかく濃い目の色がはやりのようです。
時に自然から大きく逸脱したCGのようなものまで。
ここに少し違和感があります。
とはいっても、もちろんこれらを否定するものではありません。
これは、日本とは違った歴史の中で形成された、
好みや価値観によって生み出された作風だと思います。
どちらがいい悪いではない、どちらもいいものです。
ただ、せっかく日本に生まれた僕が写真を撮るならば、
たまには油絵もいいですが、水墨画の渋さを写し込みたいと思っています。
からりと晴れた青空ばかりでなく、立ち込める湿度を表現したいと考えています。

先人達は素晴らしい視点を残してくれました。
雨はうっとおしいばかりのものではなく、湿度は不快なばかりのものではありません。
太陽が雲に隠れ、薄暗くなり、色が淡くなった景色のその中に、しっかりと主張する情緒があるのです。
それらを少しでも感じ取りながら、写真を撮りたいなあ、と、思います。

まだ梅雨の明けないこの時期、湿度を写すチャンスはたくさんありそうです。
日本人として日本の気候を写し、日本特有の空気を表現したいですね。

02555555551111111.jpg

暮色@キッチン  

20090718-002.jpg

30分ほど前の撮れたてです^^
こんな写真でも、電気をつけようとする相方を制し、
イメージ通りの露出を得るために、
スポット測光でシャッタースピードとしぼりとISO感度を細かく調整。
試写5枚ほど経てようやく撮ったものなのです。
アホですねε- (´ー`*) フッ

でも仕上がりには(自己)大満足。
トリミングのみで他は補正無しです。
相方は、もっと片づけとけばよかったぁ、とのたまっておりますので、
細かいところをつぶさにご覧になるのはご遠慮ください^^;

はぁ、腹が減りました。
今日のごはんはなんだろう・・・

untitled  

7894658795

夏の日差  

048.jpg  049.jpg

冬の光、夏の日差。
指し示すものは同じ太陽光線でも、
"冬の日差"や"夏の光"は個人的にしっくりきません。
この写真のタイトル、"夏の光"とも考えましたが、
やはり"日差"で行きたいと思います。
ま、どうでもいいことですね(^^;
ちなみにどっちかがカラーで、どっちかがモノクロです。
ま、これもどうでもいいことですね(^^;

Finder × Finder  

006.jpg

各地で梅雨明け宣言。
関西ももうすぐですね。
僕の梅雨明けもそろそろ訪れそうです。
クソ忙しくて休日は休みに(ほぼ)徹していましたが、
これからは撮って撮って撮りまくりたいと思います。
多分・・・

帰り道  

222222222222222063.jpg

楽しい一日でした(^^)

Untitled  

464646546.jpg


宣伝  

IMG_0134.jpg

実は少し前からこっそりと、エキサイトにブログ作ってます。
一応公開はしてますが、宣伝は皆無なので、準非公開?って感じです(笑)。
アクセスも毎週5hitくらいやし(実話)
こっちのFC2でなんとなく載せそびれたけど、気に入ってるものや、
一回乗せたけど、やっぱり気に入ってるので、というものなど、
これまで撮りためた中でも特に気に入っているものを無造作に展示してます。

基本的に気に入った写真を自分がまとめて見るために作ったものなので、
テキストなし、コメント欄なし、トラックバックなし、と、
ブログの利点をすべて無視したスパルタンな仕様ですが、
ある程度の整理ができてきたので、ちょっとぐらい興味のある方にはご笑覧いただこうかな、と。

ただ、エキサイトブログ、細かいところでのカスタマイズがどうしてもできない仕様になっていて、
別のシステムの方がいいのかなぁ、と思うこともしばしば。
なので、結構短命に終わってしまったらごめんなさい。

てなわけで、もうひとつの隠れ家、お楽しみいただけると幸いです^^
→ side B

かがやき  

IMG_01286464.jpg

昔の写真を整理してると、たまにブログに載せたくなるのがちらほら。
以前載せたものですが・・・

異世界の釣り人  

042331313131.jpg

タイトルはなんとなく・・・

朱に染まる熊野  

sea 9

今年の夏は海をたくさん撮りたいなあ、と、思ってます。
北の日本海か、はたまた南の熊野か・・・

と、いうわけで(?)、以前撮った熊野の写真を。

100mmの雄大  

059646464.jpg

海は雄大だ。
100mmあまりで切り取っても、その大きさは少しも損なわれることがない。

破墨の空  

6111464654654047.jpg

水墨画の技法の一つに破墨という技があります。
墨の濃淡を巧みに使い分け、薄い墨の上に濃い墨を打ちつけるようにして表現する技法です。
濃い墨を以て薄い墨を破る、ということですね。
遠い学生時代に知った知識で、しばらく忘れてたんですが、
写真を撮るようになった今、
このような雲を見るといつもその時の記憶がよみがえって、
「お、破墨の空や」と、思います。

昔の人がこのような自然に学び、
自然を観察しつくした上で、
生み出された技法なのかもしれませんね。

もういくつ寝ると  

_MG_6111.jpg

ひと段落する・・・かな?
しかしわれながらひどいエントリーやな?

御船の滝  

3135613613.jpg

氷瀑で有名な御船の
この時期でも少し肌寒いほどの冷気を感じました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。