写ァ専用ログ

 |  home  | 

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よいお年を  

この記事はブロとものみ閲覧できます

一隅を照らす 2  

IMG_6375.jpg

永観堂

一隅を照らす  

IMG_5622.jpg
愛宕念仏寺

満天星躑躅 永観堂  

IMG_65315.jpg

紅葉に目を奪われがちですが、永観堂の白壁沿いの満天星躑躅(ドウダンツツジ)は見事です。

南禅寺 水路閣  

IMG_57310.jpg

できない理由を探すより、できる手段を探す。
仕事でいきづまったとき、いつも心がけたいと思ってます。
現代でいえばベンチャースピリットのようなものですね。

南禅寺の境内を走る水路閣は、明治時代の京都府知事、北垣国道により発案された琵琶湖疎水事業の一環として、工学博士の田辺朔朗の設計により、着工されました。
当時の技術では無理といわれ、多くの反対にあいましたが、東京への遷都のあと、元気を失っていた京都に活力を取り戻すには絶対必要と考えた北垣知事は、計画を強行したそうです。

よほどの苦労があったことと思いますが、果たして琵琶湖疎水は完成の日の目を見、一定の役割を果たしました。この水路閣も、手本にしたという本場のローマの建築にも劣らない風格を持ち、桃山建築の並ぶ南禅寺の境内に、いまでは見事に溶け込んでいます。できない理由ばかりをあげた反対者達に流されること無く、できる手段を探した当時の人たちの素晴らしい遺産ですね。

琵琶湖疎水にインクライン、平安神宮などなど、このあたりには明治の世に立て続けに築かれた遺産が多く点在しています。そのいくつかは、明治の勧業博覧会にあわせて築かれたものですが、ぼくはここにこれだけの遺産が集まっているのには、もう少し深い理由があるんじゃないかなあ、と、思っています。この話はまた機会があれば(笑)。



広沢の池の朝  

IMG_6050.jpg



嵯峨野 初冬 2  

IMG_5722.jpg

奥嵯峨のあたり。
このあたりはまだかやぶき屋根の建物が点在しています。

嵯峨野 初冬  

IMG_5607.jpg

秋から冬への切り替わり。
この時期の空は高いですね。


紅葉を撮り歩いていたころのスナップをしばらく載せていきます。

光芒  

最後の花火  

約1ヶ月間引っ張ってきた紅葉シリーズもこれで最後にします。
そうこう言っている内に今年ももうわずかですね。
例年紅葉の時期は忙しくて写真を撮りに行くどころではなかったのですが、
今年は十分すぎるほど楽しむことができました。
最後はタイトルのようにあっちこっちで撮影した、どこにもありそうな紅葉をばばんと打ち上げます。


IMG_5224.jpg
神護寺

IMG_6511.jpg
南禅寺

IMG_6543.jpg
真如堂

IMG_6545.jpg
真如堂

IMG_6546.jpg
真如堂

IMG_6548.jpg
真如堂

IMG_6582.jpg
真如堂

IMG_6853.jpg
光悦寺

IMG_7146.jpg
宇治川沿い

IMG_7151.jpg
宇治川沿い

IMG_7160.jpg
宇治川沿い


厭離庵 散り紅葉  

IMG_7038.jpg

12月7日撮影。
この2週間前はさっぱりでしたが、この日は見事な赤。
なんでこんなに深い赤になるのか不思議です。

祇王寺 散り紅葉  

IMG_7012.jpg

12月7日撮影。
初冬の祇王寺は散り紅葉の名所です。

鷹ヶ峰 紅葉  

IMG_6827.jpg

吟松寺に散り紅葉を見に行くも既に掃除された後(TT)。
その付近で撮影。

光悦寺 紅葉  

IMG_6865.jpg

光悦寺垣をバックに。

高桐院 床紅葉  

IMG_6780.jpg

高桐院は紫野大徳寺の塔頭寺院で、大徳寺の中では比較的紅葉の名所で知られています。
紅葉なんて言葉があるのかどうか分かりませんがパシャリ。

法然院 紅葉  

IMG_67019.jpg

定番の構図ですが。
定番は一番きれいに見えるから定番なんですよね。
うまい人はあえて定番をはずして素晴らしい作品を撮っておられますが、
僕はまだまだそのレベルには無く、
定番は定番で喜んで撮影します(^^

曼殊院 紅葉  

69121.jpg

もうしばらく紅葉でひっぱります?

洛北の名刹曼殊院は天台五門跡の1つ。
門跡寺院らしい典雅な書院と庭園を持ち、紅葉の名所としても名高いが、
この時期限りはお寺の中よりも外壁周辺の方が圧倒的にきれい。
この日は中へ入らず、外の紅葉だけ見て帰りました。

真如堂  

IMG_6663.jpg

真如堂 紅葉  

IMG_6659.jpg

真如堂は今年見た紅葉の中でベストでした。

永観堂 紅葉 3  

IMG_63187.jpg

永観堂 紅葉 2  

IMG_63714.jpg

永観堂 紅葉  

IMG_6362111.jpg

常寂光寺が西の横綱なら永観堂は東の横綱。

天授庵 紅葉  

IMG_62301.jpg

天授庵は南禅寺の塔頭寺院。庭園の紅葉が名高い。
まるで滝のような紅葉でした。

しかしお堂で三脚を立てる人は何を考えているんだろう。。。

南禅寺 紅葉 2  

IMG_6183.jpg

昨日の景色もこの景色もタダ。
本坊と塔頭、山門内部のほかは拝観料はいりません。
太っ腹南禅寺。
そして、山門とともにイカした建築の水路閣。
近代建築ですが、なかなかの古色を帯びて立派な風格。

南禅寺 紅葉  

IMG_61652.jpg

※11月23日撮影

知恩院山門とならび、南禅寺の山門は僕の大好きな門です。
古色を帯びた柱がただならぬ存在感を放っているように見えます。

化野念仏寺 紅葉  

IMG_5730.jpg

愛宕ではなく化野。化野はあだしのと読みます。
数千の無縁仏をまつる石塔が境内を埋め尽くす、愛宕念仏寺とはまた変った異質な景観です。
毎年8月の千灯供養でも知られています。

愛宕念仏寺 紅葉 2  

IMG_5675.jpg

苔が生そうが枯葉が落ちようが、彼らは永遠に瞑想を続ける。
紅葉の美しさにも目を奪われることなく。

愛宕念仏寺 紅葉  

IMG_5688.jpg

愛宕念仏寺(おたぎねんぶつじ)は嵯峨野の終点にして始点に位置し、ここを通過して数百mほど上へ登ると清滝道に至ります。
境内に入り、この階段をのぼると数百の羅漢が立ち並び、異質な景観が広がっています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。