写ァ専用ログ

 |  home  | 

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西芳寺(苔寺)2  

寺社の壁には妙にひきつけられるものがあります。雨風を受け、太陽に照らされ、長い年月をかけてにじみ出た色には何か引力があるんです。

_MG_93341.jpg
スポンサーサイト

西芳寺(苔寺)  

_MG_9337.jpg

岩船寺  

_MG_9257.jpg

_MG_9249.jpg

_MG_9245.jpg

_MG_9253.jpg

般若寺  

コスモス寺の異名をとるこの寺は隠れた紫陽の名所でもある。ちなみにこの時期コスモスは五分咲き。

_MG_9202.jpg

_MG_9223.jpg

_MG_9221.jpg

三室戸寺2  

商売っ気の多い寺ではあるが、持っているものは素晴らしい。杉木立の周り一面に咲く紫陽。古色帯びるお堂を正面に開く薄紅の蓮。丘一面を彩るつつじ。どれも人目を意識した演出が凝らされている。この寺に限らず、京都の寺は自然の美しさをいかに”魅せる”かということに長けていると思う。
いらん話ですが、これらの演出が過剰すぎて食傷気味な気分になるのは高台寺のライトアップと大徳寺大仙院です。

_MG_9117.jpg

_MG_9127.jpg

三室戸寺1  

三室戸寺はの寺として知られ、この時期は紫陽の名所として観光客があとを絶たない。少し前はつつじの名所としてやはり観光客で一杯になり、あと半月もすれば蓮が咲き始めてやはり観光客が押し寄せる。もちろん桜ともみじもはずさない。勝ち組の寺だなあと思う。ちなみに境内では飲食禁止で、なかには大変雰囲気の良いところもあり、ついついお茶や弁当を広げたくなる気にもさせられるが、都度飲食禁止のアナウンスが流れる徹底振り。そして広い境内を歩き回った果ての出口付近で御茶屋がしっかりと商売をしている(もちろん京都価格)。やはり商売上手な寺である。

_MG_9169.jpg

_MG_9167.jpg

_MG_9177.jpg

藤森神社3  

_MG_9038.jpg

_MG_9090.jpg

_MG_90641.jpg

藤森神社2  

_MG_9021.jpg

_MG_9048.jpg

_MG_9037.jpg

藤森神社  

_MG_9071.jpg

_MG_9070.jpg

_MG_9044.jpg

_MG_9025.jpg

矢田寺3  

_MG_9015.jpg

_MG_9016.jpg

_MG_8977.jpg

_MG_9017.jpg

矢田寺2  

_MG_8913.jpg

_MG_8996.jpg

_MG_9003.jpg

矢田寺1  

_MG_8936.jpg

_MG_8966.jpg

_MG_8930.jpg

_MG_8922.jpg

三千院  

_MG_8780.jpg

_MG_8815.jpg

_MG_8857.jpg

_MG_8866.jpg

_MG_8870.jpg

宝泉院  

_MG_8885.jpg

_MG_8907.jpg

那智の滝  

_MG_8675.jpg

_MG_8649.jpg

桑の木の滝  

_MG_86141.jpg

_MG_8627.jpg

_MG_8605.jpg

橋杭岩  

_MG_8567.jpg

薬師寺黎明  

日の出、日の入りの数刻の間をマジックアワーといいます。この間は文字通り刻一刻と景色が色を変えます。下の4枚は全て早朝4時ごろから1時間以内に撮影したものです。


yakushiji06.jpg


yakushiji05.jpg


yakushiji07.jpg


yakushiji03.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。